10年後

どうしてこうもうまくいかないものなのか。 もともと自分で選んだ道とはいえ望んだ道ではなかった。しかし、そんな中でも自分なりに色々考えて努力はしたつもりだった。 あの時、違う道に進んでいたらどうなっていたのだろうか。 そもそも、初めに失敗したのがいけなかったのだろうか。 でも、あの時は自分のこれからの事なんか何も分からなかったし、今の状況なんか想像だにしなかった。 昔のたった一つの成功に囚われすぎていた。 自分はすごい、なんでもやればできるし、失敗するはずがない。 そんな幻想に取り憑かれていた。 でも、失敗しない人なんていない。その程度に多少の差はあれど、みんなそれを乗り越えているはず。 自分はそれが早くに来た。そして、感じ方の違いはあるかもしれないけど、自分にとっては大きなものだった。 けれど、僕なら乗り越えられると信じている。どんなに厳しい道でも、何年かかったとしても、きっと、大丈夫だと、信じている。 もし、10年後の自分がこの文章を見ることがあれば、その時は、こんな時もあったな、あの時は大変だったな、と軽く思えるようであればいいなと思う。 そのためにも、今は頑張らないといけない。 10年後の自分のためにも。