いまさらTwitterを始めた男の話

どうもこんにちは、zukaです。

 

インターネットとある程度の距離を置いていた僕ですが、このブログに続いてTwitterを始めてみることにしました。

 

いまさらTwitterかよ、今ならinstagramでしょって思う人もいるかもしれないけど、何かしらのSNSでこのブログのこととか、自分のこととかを発信した方がやっぱりいいかなーと思い、とりあえずやってみることにしました。

 

ということで、ここからはいまさらTwitterを始めた男のフレッシュな感想をまとめていきたいと思います。

 

 

まずは、AppStoreでTwitterのアプリをインストール。

 

1分ほどでダウンロードが終わり、ワクワクしながら四角いアイコンをタップすると、

f:id:zuka_pk:20180403020033p:image

「いま」起きていることを見つけよう。というなかなかに惹きつけられるワードが目に飛び込んできたので思わずその下の、はじめる、をタップした。

 

すると、

f:id:zuka_pk:20180403020252p:image

連絡先がどうこうというメッセージがでてきた。

 

リアルな知人友人にはもちろん知られたくないのでここはスルー。

 

f:id:zuka_pk:20180403020429p:image

続いて、なんの意味があるのかはよく分からないが、興味のあることを選べ、と言われたのでとりあえずいくつか選んでおいた。

 

ほかにもいくつかの難関があったが、それらを無事乗り越え、なんとかTwitterを始めることができた。

f:id:zuka_pk:20180403020709p:image

さっそく、使ってみる、をタップすると、おそらくTwitterユーザーにはお馴染みであろう画面がでてきた。

 

f:id:zuka_pk:20180403021105p:image

Twitter自体はヤフーとかグーグルとかの検索からでも見れたんだけど、#なになに、みたいなのはここに表示されるんですね。

あなたのドスケベ度とか気になる…

 

で、そこから色々な所をいじりつつ、なんとか自分のホームらしき所にたどりついた。

f:id:zuka_pk:20180403021535p:image

すると、さっき入力したと思ってたプロフィールをまた入力しろと言われた。

 

まだあるのか…と思いつつ進んでみると、

 

f:id:zuka_pk:20180403022002p:image

 

自己紹介の設定があった。自己紹介に趣味を追加しましょう、と言われたのでとりあえず適当にゲームとサッカーあたりをタップしておいた。

 

おそらくここに出てきたのはさっき選んだ興味のあるトピックのやつかな?

 

続いて誕生日の設定。

f:id:zuka_pk:20180403022322p:image

設定する意味が分からなかったのでここはスルー。

 

そんなこんなで素敵なプロフィールが完成しました!

 

f:id:zuka_pk:20180403022437p:image

 

そしてついにツイート画面に来ました!

 

f:id:zuka_pk:20180403022751p:image

 

さっそくツイートする、をタップ。

 

f:id:zuka_pk:20180403022853p:image

 

なんかよく分からないけど、GIF画像で感情を表そうと言われた。

 

もうここまできたので最後まで従うことにして、GIFのところをタップ。

 

すると、なんだか楽しそうな画面が出てきて、

f:id:zuka_pk:20180403023123p:image

 

適当にGIF画像を選んでみた。

 

f:id:zuka_pk:20180403023204p:image

 

最初はサッカーかな、と思ったけど違うかも。

 

f:id:zuka_pk:20180403023318p:image

 

ということで、このGIF画像が僕の最初のツイートになりました。

 

あとなんかなかったかなと考えてたら、フォロワーがいないな、と思ったのでとりあえず

 

f:id:zuka_pk:20180403023545p:image

 

shadowverseの公式をフォローしときました。フォロワーではなかった。

 

f:id:zuka_pk:20180403023716p:image

 

上部の画像もとりあえずの設定をして、これにて僕のTwitterが始まりました。

 

 

使い方はあまりよく分かってはいないものの、とりあえず自分のツイートを貼り付けてみた。

 

あまり意味のあるツイートはしない(できない)ですが、それでもいいよ、という心優しい方がいればフォローをよろしくお願いします。

 

それでは。