【シャドウバース】エーテル不足の人のための格安デッキを紹介!【初心者向け】

こんにちは。今回はシャドウバースのデッキ紹介をしたいと思います。

 

はじめに、今のローテーション環境について簡単に触れます。

 

今のシャドウバースのローテーション環境における流行りのデッキ、いわゆるtier1のデッキには、教会ビショップやミッドレンジロイヤル、といったデッキタイプがあります。

 

これらはいずれも必要エーテル数が高く、初心者の人なんかは1つは作れたけど、もうエーテルが全然ないよ!って人も多いんじゃないでしょうか。

 

そんなエーテル不足の人にこそ紹介したいデッキがあります。

 

それは、フェイスドラゴンです。

 

f:id:zuka_pk:20180415233844j:image

 

フェイスドラゴンは、フェイスという言葉の通り相手のフェイス(リーダー)を直接攻撃していくデッキです。

 

このデッキは上の画像の通り、レジェンドを使わなくても形になり、勝率もそこそこあるデッキになっています。実際に僕がグランプリで使ってみたところ、3勝2敗というまずまずの結果が出ました。(ほんとは4勝したかった)

 

ランマッチでも下の画像の通りマスター帯でもそれなりに勝つことができています。

f:id:zuka_pk:20180416171715j:image

 

ということで、ここからはこのデッキについて詳しく説明していきます。

 

デッキコンセプト

最近のシャドウバースは横並びが非常に強い環境になっていますが、それに対するカウンターカードがこのデッキには入っています。

 

それは、不死鳥の乗り手・アイナです。

 

このカードは、場のフォロワーの数だけ攻撃力が上がる、という能力を持っており、今の環境にマッチしてると言えます。

 

f:id:zuka_pk:20180415235128j:image

7点疾走!

f:id:zuka_pk:20180416172024j:image

相手の意表をついたリーサル!!

 

よって、フェイスドラゴンはこの不死鳥の乗り手・アイナを中心にして、横並びの展開を作りつつ積極的にフェイスを狙っていくデッキになっています。

 

デッキ構築

上に紹介したデッキは、12種類×3枚+2種類×2枚というわかりやすいデッキ構築になっています。

 

細かいデッキ内容を見ていくと、

 

基本的に前がかりに攻めていきたいデッキなので、1コストフォロワーはゴブリンワイズマーマンともに採用しています。

 

2コストフォロワーは、PPブーストのできるアイラ、ドローカードであるドラゴサモナー、横並びができ処理にも使えるマチルダ、は必須だと思います。残りの2コストは今回はフェイスへのダメージを意識してイヴリシアを採用しました。

 

3コストフォロワーは、横並びできる竜友の少女、優秀な除去カードであり疾走持ちの大鎌の竜騎、2ドローできる純心の歌い手、この3種で間違いないです。

 

4コスト以上は、処理し辛く場に残りやすいバジリスクライダー、疾走持ちのヒッポグリフの乗り手、そしてこのデッキの核である不死鳥の乗り手・アイナ、となっています。

 

残り2種類のスペルは、強力な効果を持っているものの、あまり手札で被って欲しくない(基本的にはフォロワーを並べたい)ので2枚ずつにしています。

 

マリガン

先行後攻に関わらず、1コストフォロワーをキープ。1コストフォロワーがあれば2コストをキープ。両方あれば3コストもキープ、という簡単なマリガンでいいと思います。

 

ただし、先行の場合は手札が細くなりがちなので、強力なドローカードである3コストの純心の歌い手をキープしたり、積極的にマリガンで狙いにいってもいいと思います。

 

プレイング

基本的に、1コストから順番にコスト通り出していき、横並びの盤面を作りましょう。

 

相手にもよりますが、うまくいけばこのような盤面を作ることができます。

f:id:zuka_pk:20180416001525j:image

 

f:id:zuka_pk:20180416172223j:image

 

ここまで上手くいくことはそんなにないですが、ちゃんと横並べを意識して5ターン目のヒッポグリフの乗り手や6ターン目の不死鳥の乗り手・アイナにつなげることができれば勝利はすぐそこです。

 

進化権はなるべくフェイスへのダメージに使いましょう。後攻の場合は盤面の処理に使わないといけないことも多いですが、なんとかして進化フェイスをするためにも盤面を取り続けることが重要です。

 

補足をすると、このデッキはそこまでパワーが高くはないので、もちろん有利トレードはしないといけないけれど、ある程度は割り切ってフェイスに詰めていった方がいいです。

 

以前のフェイスドラゴンと比べると疾走持ちの強力なフォロワーがローテーション環境では使えなくなっているので打点が足りなくなりがちだからです。

 

入れ替え候補のカード

オルカの大渦(2コスト)

  オルカをたくさん出せるカード。一見使い勝手が良さそうですが、効果のない2/2が出てくるだけなので、他の2コストフォロワーを出した方がいいです。入れるなら好みで1、2枚くらい。

 

天界の尖兵、彷徨の詩人・エルタ(2コスト)

  進化効果持ちの2コストのニュートラルフォロワー。これは好みでイヴリシアと入れ替えていいと思います。イヴリシアの体力1が気になる人はこっちを使いましょう。

 

アジ・ダハーカ(10コスト)

  10コスト6/8疾走持ちのレジェンドフォロワー。レジェンドなので、もし持ってるならでいいですが1枚入れときましょう。一見コストが重そうに見えますが、コスト-1効果をもっていたり、単純にトップで引いた時に強いので、1枚入れておくといいことがあるかもしれません。

 

ウロボロス(8コスト)

  ファンファーレで3点ダメージを与えられる8コストのレジェンドカード。単純に出して3点が強い。しかも何回も再利用できる。これもあれば1枚入れてみてもいいですが、別になくても大丈夫です。

 

まとめ

以上がフェイスドラゴンの紹介になります。

 

正直なところほかのtier1やtier2のデッキと比べると力が劣る部分もありますが、上手く使えばそこそこ勝てると思うので、今使ってるデッキに飽きてきた人、エーテルがあまりない人には是非試して欲しいです。

 

そして、ここで紹介した形よりも良いデッキができたら是非教えて下さい(笑)