【ゆるドラ】4周年を迎えたゆるドラシルの魅力を伝えたい

こんにちは。突然ですが、ゆるドラシルというゲームは知っていますか。

 

おそらく今この記事を見ている人の中には、もちろん知ってるよ!って人もいれば、何それ?ゲームなんだ?って人もいると思います。

 

僕は今までわりと色んなソシャゲをやってきたんですけど、1番長く続いているのがこのゆるドラシルです。

 

ゆるドラシルってなんやねん!って人のために簡単に説明すると、ゆるドラシルはコマンド選択式の神話RPGです。まあ、おおざっぱに言えば、ポケモンみたいなもんです。いや、流石にちょっと違うかも…

 

まあとにかく、僕はゆるドラシルを今まで長々とやってきたんですけど、この度ゆるドラシルが、なんと!4周年を迎えました!

 

 

ワー!キャー!ステキー!

 

 

 

ということで、僕が思うゆるドラシルの魅力をこれから存分に語っていこうと思います。

 

完全に主観なので、いやそこはちょっと違う、といった反対意見もじゃんじゃん募集します!

 

ではさっそくいってみましょう!!

 

1.ゆる〜いキャラクターがかわいい

なんといってもキャラクターのかわいさが他のゲームの比じゃないですね(当社比)。

 

いわゆるゆるキャラみたいなかわいさ。ゆるゆる。

 

いや〜最高です!

 

こういうゆるいキャラクターが嫌いな人って世の中にいるんですかね??いませんよね??

 

ちなみに僕のイチオシはラスフィアです。

 

f:id:zuka_pk:20180417004637j:image

この右の赤髪の女の子。ちょっと口下手なところがいい!!実はいい子だっていうのが垣間見えるところが素晴らしい!!

 

f:id:zuka_pk:20180417004924j:image

ラスフィアはこんな表情もします。

 

セリフもいい。

 

きっとこのシーンをみた人は間違いなくラスフィアのファンになってるに違いない。

 

もし、知らなかった!って人がいても大丈夫。まだ間に合います。これからはラスフィア推しでいきましょう。

 

ちなみにラスフィア以外にもいいキャラはたくさんいて、

f:id:zuka_pk:20180417005630j:image

なんかのアニメで見たことがあるようなかわいいキャラだったり

f:id:zuka_pk:20180417005710j:image

世の中の女性全員を落とせそうな渋いイケメンが登場したりします。

 

ちなみに今紹介したのはストーリー上の立ち絵で、実際のバトルシーンではこんな感じの小さなキャラとして出てくるので、本当にゆるキャラって感じです。

f:id:zuka_pk:20180417010147j:image

 

2.ストーリーがシリアスだったり面白かったりしてカオス

やっぱりRPGをやる上でストーリーって大事ですよね。

 

いくらキャラがよかったりシステム面がよかったりしてもストーリーがクソだったらやらないもん。

 

その点ゆるドラシルはストーリーもしっかりしてるので、ストーリーを読むためだけにやる、というのもいいと思います。

 

基本的にメインストーリーはシリアスな感じでちゃんとしてて、イベントとかサブストーリーはなんでもありのモハメドアリって感じです。

 

 

はい。

 

 

で、具体的にどんな感じかというとですね、

f:id:zuka_pk:20180417011004j:image

なんだかに物騒なことを言いだしたり、

 

f:id:zuka_pk:20180417011113j:image

なんかのアニメのパロディが出てきたりします。

 

 

よく分からない人もいるかもしれませんが、実際こんな感じです。

 

 

反対意見は随時募集中です。

 

3.バトルが基本オートなのでラクラク

このゲームは基本的に戦闘がオートで行われます。

 

これがこのゲームの1番のセールスポイントだと言ってもいいぐらいの要素です。

 

f:id:zuka_pk:20180417013111p:image

実際のゲーム画面はこんな感じで、何もしなければずっと左端の、たたかう、が選択され続けて、

 

f:id:zuka_pk:20180417013311p:image

自分からそれ以外のコマンドを選択すればその技を使います。例えばこの画像だと右端の聖ニャングリルという技が発動しています。微妙にスクショが下手w

 

でまぁ、これくらいだったら他のゲームでもあると思うんです。でも、ゆるドラシルはこれだけじゃないんです。

 

f:id:zuka_pk:20180417143141p:image

この画像の上の方を見て下さい。まず、オート、っていうボタンがありますが、これは名前の通りオートで技を選択してくれるようになります。

 

そして、上の真ん中あたりに自動周回という文字とチェックマークがあると思うんですけど、これによって選択したダンジョンの周回を自動で行うことができます。

 

これがとても大きくて、他のゲームだったらバトル中にちょくちょく触ったり、再度ダンジョンに入り直すときに確認したりしないといけないじゃないですか。

 

でも、ゆるドラシルではそんなことは不要です。オートを選択し、自動周回のとこにチェックを入れるだけで勝手に周回してくれます。

 

しかも!自動周回のとなりに体力回復薬という項目があるんですけど、ここにもチェックを入れておくと、自動で体力を回復してくれるようになります。

f:id:zuka_pk:20180417145225p:image

つまり!一回ダンジョンに入ると、オートで戦闘が行われ、クリアすると自動で再度ダンジョンに進入し、さらに体力がなくなっても自動で回復してくれる、ということになります!

 

なので他のこと、例えばお風呂に入ったり、ご飯を食べたり、ブログを書いたりしてるうちに素材がどんどん集まっていきます。

 

まあ、全部自動でやって楽しいの?という意見もあるかもしれませんがストーリーとかは別で面白いし、こういった周回はソシャゲには付きものなので、周回を簡単にこなせるならいいんじゃないかなー、と僕は思ってます。

 

4.キャラのインフレが緩やかでガチャもゆるい

これもこのゲームの良いところの1つで、全然インフレが起こらないんです。

 

他のソシャゲだったら、ガチャで強いキャラを出して、それを引いてもらって、そのキャラでは勝てない敵を作り、さらにその敵に対応できるキャラをガチャで出して、それを引いてもらって、またさらに強い敵が出てきて…みたいなことの繰り返しでインフレが起こっていると思います。

 

でもこのゲーム、不思議と全然インフレしないんですよね。なんかちょっと不安になるくらいに。

 

もちろん必須キャラみたいなのもいるにはいます。でも、それも本当に必須なのかと言われると微妙なとこだし、そのキャラ自体もフェス限定とかじゃなくて、いつもあるガチャから出てくるものばかりです。

 

しかも、全然インフレしないと言ったけど、インフレしないというレベルじゃなくて、未だに初期のキャラが最前線で活躍してたりします。

 

実際に僕自身も使っていて、

f:id:zuka_pk:20180417150619j:image

例えばこの軍神オーディンというキャラはメイン中のメインキャラで最初期からいるんですけど、今も僕のパーティーではスタメンです。

 

で、ここまでインフレしないとなると、どこで儲けてるんだって話になると思うんです。

 

実際その通りで、僕もそう思ってます。

 

いったいこのゲームはどこからお金が発生しているのか??

 

 

謎だ…

 

 

5.やり込み要素も色々ある

ここまで見てきた人にはそれなりにゆるドラシルの魅力をわかってもらえたと思います。

 

でも、色々ゆる〜いのは分かったけどそんなにやること無さそう、と思った人もいるかもしれません。

 

しかしそんなことはありません。このゲームにもしっかりとやり込み要素があります。

 

まず、キャラの育成に関してですが、上のオーディンの画像を見て下さい。

 

レベルの横に限界突破と書いてあると思いますが、これはソシャゲではお馴染みのあれです。

 

しかしこのゲームの限界突破は同じキャラである必要は無く、ガチャで出たあまりを適当に使うことができます。ゆるい!

 

そして、下の方にリーダースキルがあると思うんですけど、これはLv.1〜6まであり、少しずつパーティーを強くすることができます。

 

キャラ以外のことだと、まず、神理の塔という2ヶ月に一度更新されるダンジョンがあります。これは、今まで長く遊んできた人向けの高難度のダンジョンで、これをクリアできればスゴイ、そんな感じのダンジョンになっています。

 

他には、最強戦乙女決定戦(pvp)というイベントもあります。これは、プレーヤー同士がこのイベント限定の賞品をかけて争う、ランキング形式のイベントになっています。

 

この前のpvpに関しては僕もレポートみたいなものを書きました。

第22回最強戦乙女決定戦の結果! - やり場のない思いをぶつける

 

このpvpの賞品も必須なキャラとかはでてこないので、自分の実力を試すいい機会になっています。

 

まとめ

以上でゆるドラシルの紹介を終わりたいと思います。

 

思いのほか長くなってしまったのでここまで全部読んで下さった方はいないかもしれませんが、ゆるドラシルの魅力が少しでも伝わっていれば幸いです。

 

僕自身はこれからもゆるドラシルを楽しませてもらおう思っているので、みなさんよろしくお願いします。

 

それでは。