全てのことに感謝の気持ちを

今、まさに!この記事を見ているあなたに言いたいことがあります!

 

 

 

 

このブログを見に来ていただいて、ありがとうございます!

 

 

 

 

いやーもうね、感謝感謝ですよ。本当に。

 

こんな辺境地にわざわざ来ていただいて。可能であればお茶の1つでもだしてあげたいです( ´・ω・`)_且~~ イカガ?

 

 

まあこのブログのことはいったん置いといて。

 

僕は、全てのことに感謝の気持ちを持つことはやっぱり大事だな、と思うんです。

 

 

例えば、あなたはコンビニでバイトをしているとしましょう。

 

このとき、あなたはどんな時でも、こんにちは、ありがとうございます、といった挨拶をするように教えられるはずです。

 

そして、これを実践している時に、こう思うかもしれません。

 

 

この挨拶って意味あんの…?

 

それもそのはずで、大抵の場合は返事が返ってこないからです。逆に客の立場で考えれば分かるはずです。

 

じゃあ意味がないのか、と言われればそうではありません。

 

たとえ向こうから返事がなくても感謝の意を伝えるべきなのです。

 

このコンビニに来てくれてありがとう。

商品を買ってくれてありがとう。

トイレしか使ってないけど、それでもありがとう。

 

ありがとう、と言われて嫌な気持ちになる人はいません。粘り強く言い続ければ、何かしらの返事があるかもしれません。

 

そんな時、あなたもその相手の人も、どちらも幸せな気持ちになっているはずです。これぞwin-winの関係です。

 

 

 

最近の話だと、サッカーのW杯の日本代表が発表されましたね。

 

年功序列ジャパン、忖度ジャパン、ロシアまで卒業旅行に行くのか?などと散々な言われようをしています。

 

僕はというと、ハリルジャパンのW杯を見たかったのでこういった思いも無くはないのですが、決まったものは仕方ないです。

 

急なことにもかかわらず監督を引き受けてくれた西野監督に感謝し、日本代表を応援しましょう。

 

親善試合後のコメントがしどろもどろでも、メンバー発表会見で顔が引きつっているように見えたとしても、こんな状況で監督をやってくれる西野監督には感謝の気持ちしかありません。

 

この感謝の気持ちは、W杯で惨敗して無駄に終わるかもしれない。僕はその可能性が高いと思っています。でも、そうであっても感謝はするべきです。

 

西野監督、ありがとう。

 

 

 

最後に、このブログについて。

 

冒頭でも言いましたが、わざわざ見に来ていただいて、ありがとうございます。

 

あなたの1PVがとても嬉しいです。

 

もしかしたら間違ってクリックしただけで、すぐに帰ってしまったかもしれない。

 

ちょっと読んでみて、つまんないなと思われてしまったかもしれない。

 

でも、それでもいいんです。

 

このブログを訪れてくれた、ただそれだけでありがたいことです。

 

重ね重ねになりますが、どうもありがとうございます。

 

もしよろしければですが、他の記事を読んでいただいたり、何かしらのメッセージを残してもらえると、より一層嬉しいです。

 

 

zuka