冷蔵庫に牛乳があたかもしれない。 by楽しい国語

今週のお題「わたしのインターネット歴」

 

僕は、自分で言うのもアレなんですが、インターネットの一番良い時代を歩んできたような気がしています。

 

そんななかでも一番印象に残っているのは、FLASH(フラッシュ)ですね。FLASHにはFlash動画とか、Flashゲームとか色々あったように思いますが、今では断片的にしか覚えていません。

 

そんなFlash動画の中の一つに、楽しい国語という動画がありました。これは、〇〇を使って例文を作りなさい。という質問に対して珍回答をする、という形式になっていました。

 

この内の一つにタイトルにもした、冷蔵庫に牛乳があたかもしれない。も含まれていて、

 

 

先生:「あたかも」を使って例文を作りなさい

 

 

生徒:冷蔵庫に牛乳があたかもしれない。

 

 

という感じのながれが何回か続いたのち、オチがあったような気がします。

 

 

なんかすごく懐かしいし、詳しくは覚えてないので、どんな感じだったかな〜と思ってyoutubeで調べてみたら、なんと動画がありました。

 

楽しい国語 - YouTube

 

おお!これは!!と思って張り切って見てみたら、懐かしすぎる…と思うと同時に、あれ?あんま面白くなくね…??とも思ってしまいました。

 

当時はかなり面白かったはずだし、面白かったからこそこうやって覚えているんだけど、それにしてはなんか微妙だなと。

 

そう思って色々調べてみたら、僕と同じように昔は面白かったはずなのに今改めて見てみるとイマイチだな〜、と思ってる人はけっこういるみたいです。

 

でもよくよく考えてみると、今となってはyoutubeやニコニコなどの動画サイトもあって、FLASHと比べたら技術的にも雲泥の差だし、少しつまらなく感じるのもむしろ当然なのかもしれませんね。

 

それでも、毎日毎日新しい動画とか以前見つけた面白かった動画とかを探して見ていた思い出はなくならないし、今となっては貴重なものです。

 

今となっては見る影もなく、最近の小中学生くらいに、モナーって知ってる?とか聞いても良い反応は返ってこなさそうで、やっぱり少し悲しいなー。今だとyoutuberの話が一般的なネタになるのかな?youtubeは衰えるどころか勢いを増してるくらいだし、すごいよな〜

 

 

と、あんまりこんなことばっか言ってると老害みたいになりそうですが、たまには昔を振り返ってみるのもいいですね。

 

 

ではまた。