自動販売機で小さい方のペットボトルを買うのはどう考えても間違っている

いや〜、今日もあっついなぁ…なんでこんな日に外に出ないといけないんだよ…クソォ

 

お!あんなとこに自動販売機がある!ちょっとお茶でも買ってくか…爺さんは何買うんだろう…え?小さい方のペットボトル買うの??

 

 

 

 

なんでぇぇぇぇぇぃぃやぁぁぁぁぉぉぉおぇぇぇぇんん!!

 

 

 

…というわけで、今回は自動販売機のお話。僕は大きい方のペットボトルしか買ったことがないけれど、思いのほか小さい方のペットボトルを買う人が多い。

 

なぜだ。どう考えても大きい方が良いに決まっている。が、そういう人がいるのであれば仕方ない。小さい方のペットボトルを買うのがいかに愚かなことかを解説しよう。

 

 

 

まず、大きい方が明らかにお得である。自動販売機で売っているペットボトルは、大きい方は500ml入りで160円、小さい方は350ml入りで130円というのが一般的ではなかろうか。

 

さあ、どうだろう。なにも考えずに小さい方を買っていた人たちも、冷静に考えてみれば感覚的にも大きい方がお得だと思えるのではないだろうか。

 

い〜や分からんね!という頑固者のために1ml当たりの値段を考えてみると、大きい方は0.32円、小さい方は0.37円と大きい方がお得だということが簡単に証明された。

 

さらに言うと、最近のペットボトルのお茶は500mlでは飽き足らず、530ml、550ml、物によっては600mlかそれ以上入っているものもある。こうなってくると大きい方がどんどんお得になってきて、小さい方を買うのがいかに愚かなことか分かるはずだろう。

 

今まで小さい方がお得!と思って生きてきた人も、もう大丈夫。明日からは大きい方を買いましょう。

 

 

 

 

しかし、もしかしたらここまで分かった上であえて小さい方のペットボトルを買っている人もいるかもしれない、ということに気づいた。

 

あえて小さい方のペットボトルを買う、お金以外でのメリット…

 

 

 

持ちやすい、とかかな…?

 

 

うーむ、分からん。小さい方のペットボトルを買う人の気持ち、とGoogle検索してみても、ペットボトルは自動販売機で買うよりスーパーで買ったほうがお得!!!自動販売機でペットボトルを買う人はアホ!!!とかいう分かりきった話しかでてこない。そりゃそうよ。

 

 

というわけで僕には全く見当がつかないので、もし小さい方のペットボトルを買わなければならない理由がある人がいれば是非とも教えてほしい。教えてください。

 

そして、もし大した理由がないのであれば是非とも大きい方のペットボトルを買いましょう。最近はとても暑く熱中症の危険がつきまとうので、こんなに飲めないよ!と思っても大きい方を買っておくべきです。

 

 

あ、今気付いたけど、菌のことを心配している人もいたかもしれない。ペットボトルは飲んだまま放置していたら雑菌が増えるって言うしね。

 

しかしご安心を。ペットボトルのお茶は簡単に菌が増えることはありません。むしろ、抗菌作用もあり減っている可能性もあるくらいなので心配ご無用。これはしっかりと研究されていることなので、気になった人は調べてみてね。

 

 

ということで繰り返しになりますが、自動販売機では大きい方のペットボトルを買いましょう。そして、もし小さい方を買おうとしている人がいたら、優しく教えてあげてください。大きい方がお得ですよ、と。

 

 

 

 

 

そこのおじいさん!こうこうこういう理由で大きいペットボトルを買った方がいいんですよー!!