Dolly Style「Cherry Gum」が気になったのでいろいろ調べてみた

最近、何か作業をするときはYouTubeで何かしらの音楽を探してそれを聴きながらする、というのが定番化してきています。いわゆる作業用bgmみたいな感じで大体の曲はその時限りで聴き流すんですけど、たまにちょっと気になる曲とかがあるんですよね。

 

そのうちの一つが、タイトルのDolly Style 「Cherry Gum」という曲です。歌っている人たちの見た目のインパクトも大きかったし、何よりもその曲自体に妙な魅力を感じました。そこで、彼女たちがどういった人たちなのか色々と調べてみました。

 


Dolly Style - Cherry Gum

 

動画を見て分かるように、「Cherry Gum」は1000万再生越えの曲でこのグループのなかでも1番人気の曲でした。他も100万越えの曲ばかりで、それなりに人気のあるグループだということが分かりました。

 

ネットでも色々調べてみましたが、Dolly Styleは外国人のグループなので、海外のサイトは色々あるものの何て書いてあるのかさっぱり分からず、日本語のサイトも全然なく、あまり情報は得られませんでした。

 

かろうじてあったWikipediaの情報を参考にすると、Dolly Styleはスウェーデンの3人組ユニットで、3人はドーリー・タウンのドールハウスから来た人形だそうです。また、メンバーの外観は日本のフェアリー系やギャル・ロリータといった文化の影響を強く受けているようです。これは動画を見れば一目で分かることで、こういった所も日本人の僕が惹きつけられた一因なのかなと思います。

 

そして、何曲か聴いてみると、この日本の影響を受けているということがはっきりと分かる曲がありました。Young&Restlessという曲です。

 


Dolly Style - Young & Restless

 

詳しくは実際にこの曲を聴いてみて欲しいんですけど、簡単に説明すると曲中に日本語で喋っている場面があります。YouTubeのコメント欄にも、日本語のシーンがあるけど私は何て言ってるのか分からない!誰か教えて!といった感じのコメントがありました(多分)。でも、日本以外の国でこうやって日本の文化が取り入れられているのは単純に嬉しいですよね。

 

 

見た目のインパクト自体もなかなかのものがあるし、Cherry  Gumの可愛らしい感じのイメージが強くなりがちですが、他にも色んなパターンの曲がありました。例えばこんな曲とか。

 


Dolly Style - Bye Bye Bby Boo

 

 ということで、たまたま気になったDolly Styleと「Cherry Gum」という曲について、でした。海外の、しかもスウェーデンのユニットということもあって情報があまりなく、結局そこまで詳しくは分からなかったのですが、単純に自分で聞いて気に入った曲だったし、まあこれはこれで良いのかなと思います。これからも、こういうファーストインプレッションを大事にしていきたいですね!

 

ではまた。