一番好きな食べ物は何?という簡単な質問にいつも悩まされている

人であれば生きているうちに何回も聞かれるような質問がある。例えば、趣味は何ですか?とか、出身はどこですか?とか。

 

そのうちの1つに、一番好きな食べ物は何ですか?という質問がある。あまりにも簡単な質問であるため、生まれてから今までに一度もこの質問をされたことがない、という人はさすがにいないだろう。

 

 

しかし、この質問は一見すると簡単に見えるが、かなり答えるのが難しい質問である。その理由は大きく分けて2つある。

 

まず1つ目は、そもそも一番好きな食べ物が存在しないということ。もちろん、食べるということ自体が嫌いなわけではなく、むしろ食事は三大欲求の1つであり、時間が来れば何でもいいから食べたくなるし、時間が来なくとも何かしら食べたいという欲求に駆られる。

 

だがここで、何か特定の物を食べたいという思いは発生しない。そう、特にこれといった好きな食べ物は存在しないのである。

 

好きな食べ物ランキング上位に入っている食べ物、例えば寿司やカレー、ラーメンなど、はどれも好きではある。が、どれかが一番ということはない。寿司は寿司で好きだし、ラーメンはラーメンで色んなパターンのラーメンを美味しく食べている。どれかが一番ということはなく、逆に全てが一番だと言ってもいい。

 

だから、僕にとって一番好きな食べ物は寿司、ラーメン、カレー、ピザ、唐揚げ、パスタ、ステーキ、オムライス……となってしまうのだ。

 

 

しかし、これでは聞いた相手に納得してもらえない。一番好きな食べ物は何ですか?と聞かれた返しに、僕の好きな食べ物は寿司とラーメンとカレーとピザと唐揚げとパスタとステーキとオムライスと…などとまくし立てようものなら、まず間違いなく引かれるだろう。頭のおかしい奴だと思われて今後の付き合いに影響が出てしまう。

 

 

そう、これこそが2つ目の理由。聞いた相手は質問の答えに何かしらの期待をしているということ。

 

一番好きな食べ物は寿司です。と答えてきたら、へ〜そうなんですか!じゃあ寿司の中でも好きなネタとかありますか??といった感じの返事をしようとしている。いわゆる、会話のキャッチボール。これを楽しもうとしているに違いないのだ。

 

ここに明確な答えは必要なく、むしろその答え自体は何でもいい。寿司なら寿司用の質問してくれるだろうし、ラーメンならラーメン、ステーキならステーキの更なる質問をしてくれるだろう。だから僕たちは何も考えずに、ラーメン好きっすとでも言っておけばいいに違いない。

 

 

だが、これによってさらに僕は追い詰められてしまう。たしかに寿司は好きだし、ラーメンもそれなりに好きだし、他にも好きな食べ物はたくさんある。ただ一番がない、というだけで。

 

しかし、ここでも一番がないという1つ目の理由がネックになってくる。寿司は好きだけど、特にこれといった好きなネタがある訳ではない。ラーメンも好きだけど、味噌ラーメンが好きとか、家系ラーメンが好きとか、そういうものは特にない。

 

 

なので、もし仮に、一番好きな食べ物は寿司です!と何も考えずに答えて、え、寿司好きなの!?俺も好きなんだ!!好きなネタは何?サーモンとか??と勢い良く聞かれようものなら、もう、その、失神してしまう。自分から寿司が好きと言っておきながら、好きなネタは?と聞かれただけで失神していようものなら、もうどうしようもない。

 

 

しかし、残念ながら一番好きなネタはないのである。サーモンも好きだ。イクラも好きだ。タイも、ハマチも、マグロも、なんでも好きだ。寿司であればどれでも構わない。全部好きだ。ただ一番がない、というだけなのだ。

 

 

それでも目の前の男は何かを求めている。一番を求めている。さらに、その一番の理由を求めている。

 

 

 

 

…無理だ。僕には無理だ。残念ながら君の期待に応えることはできない。

 

 

 

 

一番好きな食べ物は何?という簡単な質問に答えられなくて申し訳ない。好きな食べ物ならたくさんあるけど、一番はないんだ。聞いてくれたのは嬉しかったけど、ごめん。

 

 

 

 

 

 

 

 

…え?じゃあ一番嫌いな食べ物は何かって?

 

 

 

 

 

 

うーん、一番嫌いな食べ物?は、そりゃあ、あの、その、えーと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ない…かな(泣)