災害時でもスマホは万能説

こんにちは。最近、地震とか台風とか、色んな地域で大変なことが起こっていますね。被害に遭われた方が、1日でも早く元の暮らしに戻れるよう願っております。

 

かくいう僕自身も、大きな影響はないものの、1日中家にとどまらされたり、突然の停電に慌てふためいたりしていました。やっぱり災害は嫌ですね。

 

で、そんな災害の対策に何をしているのか、というのが今回のお題。結論から言うと、僕は何もしていません。かろうじて買い溜めしてある水があるので、もし断水が起こってもなんとか生きながらえることができそうです。食べ物がなくとも水さえあればしばらくは生きていられる、と聞いたことがあるので。

 

じゃあ水以外のライフラインはというと、電気とかガスとかですかね?うちはガスはお風呂にしか使ってないので、お風呂さえ我慢すれば良くて、これは大丈夫そう。さすがに災害時はお風呂くらいなくてもOK。

 

あとは電気ですね。これは結構大きな問題。上に書いた通り、この前停電したことがあったんですけど、電気がなくなる(しかも夜に)と途端に不安になりますね。いかに今の暮らしが電気に頼ったものかが分かりました。クーラーが止まり、インターネットが止まり、部屋の明かりも消え、真っ暗闇の中でただ1人。寂しくて、怖い。

 

こんな窮地を救ってくれるもの。それはスマホです。スマートフォン。

 

なぜか。それはスマホはwifiを必ずしも必要とせず、いつでもインターネットを使うことができる。これにより、災害時でも外部の情報を常に知ることができ、安心感を得ることができる。

 

さらに、スマホにはライトがついている。これがなかなかに使い勝手が良く、多少電池の消費をするとは言え、懐中電灯はもはや不要になる。部屋の中の明かりにもなり、夜の暗闇からも解放される。

 

というわけで、スマホさえあれば電気面での問題も大方解消される。冷蔵庫の食べ物が腐ったり、クーラーが使えなかったり、というのもあるが、多少は我慢も必要だ。冷蔵しなければならない食べ物は諦め、暑ければ服を脱ぎ捨て、寒ければ布団にくるまっておけば大体大丈夫であろう。

 

もしかすると、それでも色々食べたい。暑さをしのぎたい。そういう人贅沢な人もいるかもしれない。しかし、スマホはそういった人たちの味方でもある。色々なSNSに書き込みをすると、誰かしらが援助をしてくれるかもしれない。某ジャングルの商品を買ったら届けてくれるかもしれない。

 

そう、スマホは万能なのである。災害時でも、大抵のことは賄うことができるだろう。

 

スマホは万能。全知全能の神レベル。逆に、できないことがあれば教えてほしい。スマホにできないこと。ある??

 

ないよね。ということで、僕はスマホ片手に全ての災害に立ち向かっていきます。

 

どんな災害でもかかってこいや〜〜!!!

 

 

 

最後の方さすがに雑すぎた…!

 

今週のお題「わが家の防災対策」