サッカー日本代表 ウルグアイ戦 感想とか

さっき終わったサッカー日本代表の親善試合、ウルグアイ戦の簡単な感想です。

 

いやー、面白かったですね。何が?って突っ込まれると困るところもありますが、単純に見てて面白かった。結果だけを見ても4-3と、あまりサッカーに詳しくない人でも楽しめる内容だったと思います。

 

簡単に試合について触れると、全体的にコンパクトにまとまっていて、攻撃もスピーディーでしたね。中島、堂安、南野あたりの若い新戦力が恐れを知らずにどんどんと前を向いて攻めていく感じがたまらなく良かった。

 

得点シーンでも、完全にウルグアイDFを崩しての得点もあって素晴らしかった。ウルグアイの調子があまり良くないようだったけれど、それでも今までほとんど勝てなかった相手、しかも南米のチーム相手にこれだけの結果を残せたのは立派です。

 

もちろん、失点の多さにも目を向けないといけないですが、超有名なカバーニ以外にも得点力のある攻撃陣の揃ったウルグアイ相手だということも考えると、仕方なさもある気がします。それに、そんな失点シーンも含めて今日の試合は面白かったなと、個人的には思いました。

 

選手個人で言えば、大迫と柴崎が気になりました。大迫は相変わらずキープできるしパスも出せるし、素晴らしい選手なんですけど、いかんせんシュートがパッとしない。今日も決定機を逃したシーンがいくつかあったので、もう少しそこの精度も上がってくれたらなー、という感じですね。まあ、それが出来たら超一流のストライカーなんですけどね…笑

 

あと、柴崎はW杯の時と比べるとダメダメでしたね。最近クラブでも試合に出れてないみたいで、やっぱりちゃんと試合に出てるのは大事なんだなと思わされました。日本代表には必要な選手だし、今後も試合に出れないようなら移籍することも考えてほしいかなー。

 

にしても、今日の試合は面白かったです。アジアカップもそうだし、コパアメリカにも出場予定ということで、今後がかなり楽しみになりました!

 

 

あとでハイライト見よっと。