ドラフト会議2018 限定的な1位指名予想をしてみる

(注)この記事は、たまにしか野球を見ない程度の人間が書いています。野球通の方からすれば低レベルな記事になってる可能性がありますが、あらかじめご了承下さい。

 

ついに!明日に迫ったプロ野球ドラフト会議。あまり野球に詳しくない人でも、気になっている人は少なくないのではないでしょうか。かくいう自分もその1人です。

 

ただ見るだけでも面白いけど、予想するとより一層面白い!ということで、かなりの野球にわかですが、今回のドラフト会議の1位指名を予想してみたいと思います!

 

現時点で公表されている分がこちら。

 

セ・リーグ

広島 ?
ヤクルト 根尾昂
巨人 根尾昂
DeNA ?
中日 根尾昂
阪神 ?

パ・リーグ

西武 ?
ソフトバンク 小園海斗
日本ハム ?
オリックス 小園海斗
ロッテ 藤原恭大
楽天 ?

 

現時点で6球団の指名がほぼ確定しているようです。なので、他の球団の予想をしてみます。

 

でですね、ここで限定の要素があるのですが、今回の予想は高校生4人(上の3人+吉田輝星投手)のみとします。実際にこの4人に集中する可能性もあるし、そもそも大学生社会人選手のことがよく分からないからです。

 

大まかな予想として、僕は野手の指名が多くなるのではないか、と思っています。なかでも藤原選手は僕のイチオシで、注目度は低めですが、案外ここに指名が集まるのかなと思っています。

 

 

では、さっそく広島から見ていきます。広島に関しては、大学生の投手に行くという話を聞いたことがあります。なので、吉田輝星投手で予想します。なんとなく野手は充実しているイメージもあるのでね。

 

次は、DeNA。DeNAは現時点で被りにくそうな藤原恭大選手に行くと予想します。くじ引きにもあまり強くないイメージがあるので、取れそうなところを狙う作戦かなと。

 

続いて、阪神。地元重視と言っても、今回は関西の選手が3人もいるし、さらに監督も交代したとあって、予想はかなり難しいと思います。なので、勝手に僕のイチオシの藤原恭大選手と予想しておきます。外野手、欲しいよね??

 

 

パ・リーグに移って、最初は西武。西武は打撃が強い、と風の噂で聞いたので、投手を取りたいでしょう。となると、吉田輝星投手しかいない!CSで負けはしたもののリーグ優勝したチームだし、高校生投手を取っても大丈夫だと思ってます。

 

続いて、日本ハム。日本ハムといえば、毎年その年で1番の選手を指名することで有名ですね。なので、吉田投手か根尾選手のどちらか。そして、その選手の人気(知名度)も重視する印象があるので、僕は吉田輝星投手に行くと思います。他は外しても、これだけは合ってる自信があります…笑

 

そして、最後は楽天。楽天は地元重視感がありますが、今回だと吉田投手ですね。なので吉田投手で決まり…と思いきや、どうやら野手を指名するようです。ならば、僕のイチオシの藤原恭大選手はどうかと思います。根尾選手は被りそうだから…となりそうな予感。

 

 

ということで、以上をまとめるとこうなります。

 

セ・リーグ
広島 吉田輝星
ヤクルト 根尾昂
巨人 根尾昂
DeNA 藤原恭大
中日 根尾昂
阪神 藤原恭大
パ・リーグ
西武 吉田輝星
ソフトバンク 小園海斗
日本ハム 吉田輝星
オリックス 小園海斗
ロッテ 藤原恭大
楽天 藤原恭大

 

最終的に、藤原選手に4球団、根尾選手に3球団、吉田投手に3球団、小園選手に2球団となりました!!いやー、藤原選手、良いと思いますよ。勘ですけどね!笑

 

でも、こう予想しておいて言うのもなんですが、1番重複しそうなのはやっぱり根尾選手だと思います。ここまでの予想とはなんだったのか…

 

 

ま、なんだかんだで明日が楽しみです!!