三日坊主を回避したついでに、関係ありそうだと思った銀行強盗の話を少し

こんにちは。先月末に、来月は絶対毎日更新するぞ!ということを書いていたわけですが、なんとか三日坊主は回避できました。(初日の更新が遅れたことはヒミツ)

 

で、せっかくだから三日坊主について何か書いてみようかと思ったんですけど、何で三日なんだ!とか、なんで坊主なんだ!とか、そんなことしか思い浮かばず、ネットで調べてみても、【モンスト】三日坊主【極】攻略の適正キャラとおすすめパーティとかいう記事がでてきて、モンストもまだまだ人気あるんだなぁ、くらいしか感想が生まれません。

 

なので、三日坊主に関係ありそうだと思ったことを勝手に書いてみようと思います。内容はかなり薄めです。

 

 

三日坊主はなぜ三日なのか、そんなくだらないことを考えていた時、ふと銀行強盗は何人であるべきかという話を聞いたことがあるな、そういえばあれは4人が良かったんだな、ということを思い出しました。

 

これは、伊坂幸太郎さんの小説「陽気なギャングが地球を回す」の冒頭で出てくる話です。

 

 二人組の銀行強盗はあまり好ましくない。二人で顔を付き合わせていれば、いずれどちらかが癇癪を起こすに決まっている。縁起も悪い。たとえば、ブッチとサンダンスは銃を持った保安官たちに包囲されたし、トムとジェリーは仲が良くても喧嘩する。
三人組はそれに比べれば悪くない。三本の矢。文殊の知恵。悪くはないが、最適でもない。三角形は安定しているが、逆さにするとアンバランスだ。
それに、三人乗りの車はあまり見かけない。逃走車に三人乗るのも四人乗るのも同じならば、四人のほうが良い。五人だと窮屈だ。
 というわけで銀行強盗は四人いる。

↑陽気なギャングが地球を回す より

 

2人組については、書いてある通りだなと思います。付け加えるなら、やはりもう少し人手があった方がいいのかなと。2人だけの方が意思の疎通とかは取りやすいだろうけど、出来ることが限られそうだしね。

 

3人組については、三角形は安定しているが、逆さにするとアンバランスってところが好きです。三角形って何?3人組の話してたんだけど??ってなるけど、なぜか納得してしまうこの感じ。やっぱりいいね。

 

そして、4人が良いことは置いといて、5人は窮屈だというただ一点で否定されているところ。え、それだけ??急に面倒くさくなったのか?と色々考えさせられる。確かに5人は窮屈だとは思う。それでも、なんか、もっとこう、色々と理由があったはず。しかし、そこは全く意に介さず、というわけで〜とまとめに入っているところ。

 

やはり良い。素晴らしい。含蓄のある文章だ。トムとジェリーなんて、なかなか思いつかないよ、ハハハ

 

 

…といったことを考えてたんですけど、よくよく考えてみたら、これは人数の話(しかも銀行強盗)であって、三日坊主という日数に関する話とは全く噛み合ってなかった。銀行強盗が4人なら坊主も四日か!とは、ならない。

 

なので、長々と関係ないことを書いてしまっていたわけで(しかも誰もやらないであろう銀行強盗なんかについて)、あの…

 

 

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。