サッカー日本代表 ベネズエラ戦 感想

大迫の重要性が改めて感じられた試合

 

こんばんは。先ほど、ベネズエラ戦が終わりましたね。みなさん、それぞれ色んな感想があると思いますが、ここではサッカー好き(の素人)の僕の感想を書かせていただきます。

 

 

まず、試合をトータルで見た場合、非常に拮抗したいい試合だったと思います。今までの試合が、大量に得点が入る試合だったのもあって、良い練習になったんじゃないでしようか。

 

ベネズエラ代表もしっかり研究してきたのか、前半からしっかりプレスをかけてきて、日本は自分たちの良いプレーがなかなか出せない状況に陥っていました。実際に、DF冨安のギリギリのプレーとかもあったし、相手のセットプレーでピンチになるケースも多かったように思います。

 

そんな中での、セットプレーからの先制点は見事でした。酒井選手は代表初ゴールだそうですね。僕は日本代表の中で、DFに限らずに今1番良い選手だと思っているので、それもあって非常に嬉しかったです。

 

 

後半に入ってからも拮抗していて、日本代表の良いプレーもいくつか見られて面白かったんですが、前線の選手が変わり始めたあたりで雲行きが怪しくなっていきました

 

特に、大迫選手が抜けてからが大変でした。前半から、というか昔から分かっていることですが、彼のキープ力は凄い。そして、そのキープ力に日本の攻撃は支えられていたということに、再び、改めて、思い知らされました。今は、2列目の選手が新BIG3と持ち上げられていますが、彼がいなければここまでの活躍はないかもしれません。

 

そして、名指しで指摘するのはアレですが、やはり主力とサブの実力の差は感じてしまいましたね。全員が全員そうだとは言いませんが、W杯の時もそうだったので、ここは日本代表の課題なのかなと。これからに期待はしたいんですけどね…。

 

あ、今回ケガで離脱してしまった鈴木優磨。彼が代表でどうなるかは見てみたかったですね。鹿島がACLで優勝したのもありますが、日本だと今1番良いFWだと思っているんですよね。次の代表戦はアジア杯になってしまうみたいなので、正直今回のケガは痛かった。でも、サブ組の不甲斐なさを見るにチャンスはあるはずなので、次に期待しています。

 

 

というわけで、今回はこんなところでしょうか。勝つのがもちろん1番ですが、試合自体も面白かったし、課題もたくさん見つかったので、今までの親善試合より有意義なものになったんじゃないでしょうか?若い選手も多いので、これからが楽しみです。また、W杯で活躍して、まだ代表に呼ばれてない選手もまた見たいですね。

 

 

ではまた。