ピッタリ賞

f:id:zuka_pk:20181210234215p:image

スーパーやコンビニ、レストランなど、場所自体はどこでも構わないが、レジでお金の支払いをする時、出来ることならピッタリにしたいものだ。

 

その理由は単純明快で、財布に小銭が溜まるとジャラジャラして鬱陶しく、財布自体が重くなってしまうから。

 

そのため、レジの前ではいつも頭をフル回転させながら財布の中を探っている。ここでもたついてしまうと、後ろの客からの視線が痛くなる。なるべくスマートに事を済ませたい。

 

そんなレジでの支払いだが、つい先日とてもラッキーなことがあった。それは、近くのスーパーに食材を買いに行った時のこと。なんと、ピッタリで支払いを済ませただけでなく、財布の中まで空っぽにすることができた。

 

ピッタリで支払うことは割とよくあることだが、財布の中の小銭をも全て余すことなく使う。これは、なかなかない事ではなかろうか。少なくとも自分は初めてだったと思う。

 

そんな達成感と幸福感に包まれながらも、残念なこともあった。それは、この思いを共有できる人がいなかったこと。単純に自分の隣に人がいないというだけでなく、レジ自体がセルフ化しているせいでレジの店員と話すことさえできなかった。

 

せっかくの小さな幸せも、自分1人だけでは虚しいものだ。