【アジアカップ】決勝トーナメント1回戦 サウジアラビア戦 雑感

日本 1-0 サウジアラビア

(得点) 20分 冨安健洋

 

感想

トータルで見て、今までで一番良い試合だったと思う。特に良かったのはディフェンス。ボール保持ではサウジアラビアが圧倒していたかもしれないが、正直言って失点する気配は感じられなかった。グループステージではどうなんだ?と思っていたディフェンス陣が、今日は安定感バツグンだった。素直にすばらでした。

 

攻撃面は、セットプレーの一点のみと課題を残すことになったものの、狙いがカウンターにあった(と思う)ことから、そこまで気にすることはないのかなと思います。(改めてベルギーのカウンターは凄かったとも思わされた)

 

強いて挙げるとすれば、ベストメンバーでないと攻撃がチグハグになってしまうこと。森保ジャパン発足時は、今回の代表は攻撃がスゴイんだ!みたいな風に言われてましたが、少しメンバーが変わったくらいでダメになってしまうようでは困ります。一人一人の選手のクオリティはアジアでもトップクラスなのだから、期待してます。

 

それにしても、今日の試合は少し玄人好み感もありましたが、良い試合でしたね。圧倒的に攻めているように見えたサウジアラビア代表は、一昔前の日本代表を見ているよう。いくらボールを保持していても、点を取れなければ意味ないですよ!!

 

 

次の相手は、ベトナム。

ガンバレニッポン