女性目線のバレンタインがどんなものか、一般的な男性が考えてみた

f:id:zuka_pk:20190212220445p:image

来たる2月14日はバレンタインデー。日本では、女性が男性に向けてチョコレートをあげる日として有名だ。

 

さて、このバレンタインデー。僕ら男どもは、アホみたいな顔をしながらチョコがもらえるのを待っているだけだが、世の女性たちはこの日をどのように考えているのか。単なるチョコをあげるだけの日なのかどうか。気になって仕方がない。

 

しかし。残念なことに、僕の近くにはこの疑問に答えてくれそうな人がいない。頼れるとすれば、毎年僕に唯一のチョコをくれる母親くらいのものだが、流石に自分の母親に「バレンタインデーの時ってどんな気持ち??」とは聞けやしない。

 

ということで、僕が考えてみることにした。そう、あらかじめ言っておくが、今から書くことは全て僕の想像上のお話。もちろん自信満々に書きはするが、合っているかどうかの保証はできない。

 

 

まず、女性目線のバレンタインを考える前に、男性目線のバレンタインがどういうものかを説明をしよう。ずばり、バレンタインは全ての男性にとって楽しみなイベントである。

 

は?バレンタインとか大嫌いなんだが??というそこのあなた。よく考えて見てほしい。バレンタインは、その日が来るまでワクワクすることができる。事前に打ち合わせなく、その日に突然チョコを貰えるのだ。これが嬉しくないわけがない。

 

たとえチョコをもらえなかったとしても、そもそも彼女おらんし〜、てか興味ないオンナからチョコもらっても嬉しくないから!!と自分の気持ちを誤魔化すことができる。そう、クリスマスのようなクソイベントに比べれば、かなり気楽で、しかもワンチャンのある、いわば神イベントである。

 

 

本題に戻ろう。女性目線のバレンタインがどんなものか。いくつかのケースに分けて考えてみようと思う。

 

まず、彼氏がいる場合。これはとても簡単だ。彼女は、愛する彼氏のためにチョコを作る。彼女ウキウキ、彼氏ウレピー。この話はこれくらいで十分だろう。

 

次に、好きな人がいる場合。このケースはとても難しい。なにせ、オトメゴコロとかいうものを理解しなければならないからだ。男の中の男である僕にとっては、とてつもなく難しい問題だ。

 

とりあえず、作っている時はその胸の内はトキメイているはずだ。それは、彼氏がいる人よりもきっと大きい。

 

ワタシの好きなあの人は、このチョコを喜んでくれるかしらん。あ、少し甘すぎたかな…でもこのくらいの方がカレは好きかも…♡とか考えてる。かもしれない。たぶん。

 

しかし、作っている時はこんな感じでも、渡す段階に来ると簡単な話ではない。いかんせん、渡す相手は自分が好きな男だ。

 

アッ、○○君、こ、これ、あの、チ、チチチチ、チョコ…れいとぉ…。うん…作ったの…。良かったら食べて….あ!もし口に合わなかったらすぐ捨てていいから!!見た目が嫌だったら食べなくてもいいからーーー

 

…とまあ、こんな感じだろうか。得意げに書いてみたが、僕自身はこんな経験したことがない。あくまでも想像上の話だ。

 

まとめると、好きな人がいる場合は、彼氏がいる人よりもトキメいている、中には死にかけるくらいドキドキする人もいる。こんな感じだろう。

 

最後に、特に好きな人がいない人の場合。もしかしたら、ここに該当する女性の中にはバレンタインは面倒なイベントだと思っている人もいるかもしれない。

 

友達と一緒にチョコを作ったはいいが、あげる相手がいなかったり。周りに合わせて、別に好きでもない会社の同僚にチョコをあげなければならなかったり。作るのも面倒だが、買うと高いことに悩まされたり。

 

周りのカップル達は楽しそうにしてるけど、自分はお金がなくなっていくだけ…。あ、なんかアイツ、ニヤニヤしてる。気持ち悪い。みんなに合わせてあげただけ。お前のことなんか好きじゃない、勘違いするなよ…。こんな風に思っている人がいても、なんらおかしくはない。

 

 

以上をまとめてみると、女性目線のバレンタインは、好き以上の人がいる場合はステキなイベントだが、それ以外の人にとってはクリスマス級のクソイベントなのかもしれないということが分かった。

 

周りに合わせなければならず、お金だけが減っていく。結局、バレンタインも他のイベントと変わらず、一定の層だけが楽しむイベントなのかもしれない。

 

 

それでも、男は期待してるけどね…!