3月の個人的な話

平成最後の日だから何か特別なことしなきゃ…と思ってたら、明日は元号が発表されるだけだと知って、なんだかホッとしました。どうも、zukaです。

 

3月は別れの季節とか言われますが、そんな今月も、僕の個人的な話を書いていきたいと思います。

 

1.switchを買った話

f:id:zuka_pk:20190331222222j:image

直近で1番のネタ。先月末に、switch買うぞ!と言ってから、すぐに買ってきて、ブログにもゼルダをクリアしました!という記事を簡単に書きました。

 

任天堂のハードに触れるのはおそらくwiiぶりなんですけど、やっぱり良いですね。箱を開ける時からワクワクしたし、本体に電源が入った時の高揚感はまだまだあります。

 

それにしても、中身がかなりアッサリしてたのにビックリしました。本体とコントローラー、コードが2本くらいで全部なんですね。昔はもっと色々入ってた気がするんですけど…。いや、気のせいだな。うん。

 

あと、だいぶ今更な話ですけど、コントローラーが独立しているのも凄い話だなと改めて思いました。昔は、本体に挿したコードの長さまでが限界でしたからね。便利になったなぁ…としみじみ。あ、wiiもそうだったっけ…

 

最後に、最近やってたスプラトゥーンの話。体験版とはいえ、製品版と変わらないオンライン対戦ができてかなり面白かったです。実は、1が発売される前から注目してたソフトだったので、だいぶその時からは間が空いてしまったものの、楽しめて良かったです。なかなか中毒性があって、購入も視野に入ってたり。

 

あ、switchの話を1つ思い出したので追加で少し。この前、switchの新版が今夏に発表される?みたいな話がありましたが、僕は今買ったことを全然後悔してません。ゼルダを今楽しめただけで十分だし、おまけで無料スプラトゥーンも出来たと考えるとお釣りがくるレベルです。でも、switchの購入を考えている人は、少し待ってみるのもいいかもしれませんね。

 

2.グリーンブックを観に行った話

f:id:zuka_pk:20190331230320p:image

先日、アカデミー賞を受賞した映画「グリーンブック」を観てきました。

 

アカデミー賞のイメージは、僕の中では少しお堅いイメージがありましたが、この映画を見た感想は、シンプルに面白かった。面白いにも色んなパターンがあると思いますが、この映画はギャハハと笑うような面白さでした。実際に、映画館で他のお客さんの笑い(を堪える)声が聞こえてきたくらいで、僕もニヤニヤしながらフガフガするシーンが何回もありました。

 

ネタバレ嫌いな人間なので、あまり内容には触れませんが、見るかどうか迷っている人にはオススメできる映画です。ちなみに、僕が1番好きだったシーンは、車からドリンクを投げ捨てたところです。

 

3.春がやってきた話

f:id:zuka_pk:20190331230253p:image

ついにやってきましたね、春。ついに、あの忌々しい寒さの冬とはオサラバです。外を少し歩くのも、少し肌寒い感じもしますが、コートを着る必要がなくなったのは気楽で良いもの。

 

そういえば、この間出かけている時に、目の前に黒い動くものが現れました。むむむ、これはまさか、飛蚊症!!と思いましたが、全然違いました。リアルなハエ?らしきものが目の前にいたんです。

 

そう!虫が!!いる!!!寒い冬が終わって、だんだん暖かくなってきたと思ったらこれだよ。許せない。さっきも部屋の中に蚊がいたんですけど。まだ元気がないのか、今回はすぐに仕留めることができたけど、これから勢力を増してくると思うと憂鬱でならない。せめて、寝る時に耳元に寄ってくるのだけは勘弁してくれないか??

 

春に許せないものといえば、花粉もありますね。僕はこっちは大丈夫だったんですけど、なんだか最近は鼻がムズムズしたり、くしゃみをしたりすることが増えてきた気がします。

 

もしかして、あんなに待ち望んだ春って実は……なんてね。

 

おわり