選ばれたのは綾鷹でした。

最近、一周回ってお茶が気に入っている。

 

今までは、やれオレンジジュースうめぇ!!だの、大人の味のビールこそ至高!!だの、やっぱコーラでしょ!!だの色々言ってきたが、今はお茶が一番だ。よくよく考えてみれば、一日の中でお茶を飲む機会が一番多い訳だし、これはとても良いことだと思う。

 

そんなお茶だが、僕が一番気に入っているのは綾鷹である。"選ばれたのは綾鷹でした"で有名な、あのお茶。あれが一番良い。

f:id:zuka_pk:20190408235341j:image

しかし、なぜ数あるお茶の中で綾鷹が一番なのか。伊右衛門やお〜いお茶、烏龍茶など、他にも有名なお茶はたくさんあるわけだが、もちろん理由がある。

 

 

では、早速説明していこう…と言いつつも、答えはとても簡単だ。それは、

 

 

 

綾鷹が選ばれているから、である。

 

 

 

 

は???と思ったそこの君。ちょっと待ってくれ。今一度、この言葉の意味をよく考えてみてほしい。

 

 

選ばれたのは綾鷹でした。」

 

 

そう、選ばれているのだ。綾鷹は、何が凄くて、何が他のお茶と違って、何が評価されているのかは知らないし、この際どうでもいい。ただ、選ばれているのだ。その事実こそが重要だ。

 

例えば、伊右衛門こそ至高のお茶だと思っている人がいるとしよう。もちろん、伊右衛門も美味しいお茶だ。抹茶の甘みを感じられるそれは、ペットボトル飲料の領域を超えているとも言える。

 

 

しかし!残念ながら、選ばれてはいない伊右衛門は選ばれていないのだ

 

重ね重ね言うが、伊右衛門は美味しい。自動販売機で見かけたら思わず買ってしまう。しかし、選ばれてはいないのだ。

 

つまり、選ばれているというただその一点だけで綾鷹の方が優れている、と言えてしまうのだ。

 

 

なぜそこまで選ばれているかどうかを気にするのか、まだ疑問に思っている人のために、少し分かりやすく説明してみよう。

 

漫画でもゲームなんでもいいが、架空の物語には必ず主人公がいると思う。では、その主人公はどういう人物なのか?

 

 

そう。彼、彼女は選ばれし者だ。他の者にはない特別な何かを持っている。それが何なのかは時と場合によるが、とにかく主人公にしかない特別な能力を生まれつき携えているのだ。

 

そして、これは努力などで覆すことができない。いくらモブキャラが頑張ったところで、主人公の前では跪くのみ。全ては選ばれし者の前には無力なのだ。

 

 

話を戻そう。綾鷹は選ばれており、伊右衛門は選ばれていない。

 

つまり、伊右衛門含めその他のお茶は綾鷹に敵うことはないのだ。決して埋めることのできない、天と地レベルの差がそこにはあるのだ。

 

 

 

選ばれしお茶、綾鷹。是非ご賞味あれ。

 

今週のお題「お気に入りの飲み物」