4月の個人的な話

私事ですみません…ってね。

 

1.テレビはやっぱり必要だ

今週のお題で、一人暮らしの人にオススメのアイテムは?的なお題があったと思います。タイミングが合わなくて書けませんでしたが、その時に書こうと思ってたのが、このテレビです。

 

テレビって、昔は当たり前にあったものじゃないですか。一人暮らしとか関係なく、娯楽の一つとして最高で、あるのが当然みたいなもの。

 

でも、今はだいぶ時代が変わっています。娯楽も多様化してるし、映像関係もスマホやパソコンで見られるものが多く、その便利さも合わさって、今では家にテレビはないよ!って人も少なくないかもしれません。

 

それでも。僕はテレビは必要だと思います。

 

まず、一人暮らしの場合。一人暮らしは、最初ウキウキで始めたはいいものの、すぐに寂しくなってしまいます。何の音もしない部屋で一人きり。もしかしたら気が滅入ってしまう人もいるかもしれません。しかし、テレビがあれば安心です。ただテレビをつけておくだけで、部屋の中に音が、活気が溢れるようになります。これはテレビならではの効果だと思います。

 

また、テレビは何気なくつけると面白かったりするし、スポーツ中継が気軽に見れるし、スマホの小さい画面を見るよりテレビの大きい画面の方が目にも良いし……てな感じで、まあテレビあったら良いよねーって話でした。

 

2.リヴァプールを密かに応援中

僕は今、リヴァプールを応援しています。そう、サッカーの名門クラブ、あのリヴァプールです。

 

なぜ今リヴァプールなのか。それはサッカー好きならご存知の通り、リヴァプールはプレミアリーグとCLの2冠がかかっているチームです。プレミアリーグの方は自力での優勝は難しくなっているものの、CLは十分に優勝を狙えるところまで来ています。

 

このチームの魅力はなんと言っても、クロップ監督です。日本の10番、香川選手がドルトムント時代にお世話になった監督として、日本でもそれなりに知名度があるように思います。

 

そんなクロップ監督のチームは、見ていてとても面白い。サラーやマネなど、有名な選手はもちろんいますが、チームとしてのまとまりと言うか、迫力と言いますか、ワクワク感…とか?まあとにかく、見てて面白いので応援しています。

 

CLの準決勝の相手はバルセロナ。事実上の決勝戦とも言われるこの試合は必見です。

 

3.平成から令和へ

新たな時代がやってきます。

 

平成時代は、やろうとしたことを後回しにして、さらに後回しにして、そして忘れる…というかなり残念なことをしがちだったので、令和からはもう少しやるべきことをしっかりこなしていけたらいいなぁ、とか思ったりしています。(たぶん出来ない)

 

それにしても、平成時代って言葉…なんか違和感あるなぁ…くらいにしか考えてなかったんですけど、今日のテレビ番組を見てたら、平成も振り返ってみれば色んなことがあったし、でもそんな時代が終わるんだなぁという実感が湧いてきました。

 

なんだかお正月みたいな感じですけど、今日はカウントダウン番組でも見て過ごそうと思います。

 

ではまた。