瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』 感想とオススメポイント

私の家族形態は、十七年間で七回も変わった。しかし、誠に残念ながら、困ったことは一つもないー

 

f:id:zuka_pk:20190522172052j:image

2019年本屋大賞受賞作、『そして、バトンは渡された』。大賞が発表されたらすぐ読もうと思ってたんですけど、少し時間が空いてしまいました。

 

表紙のイラストが可愛いですね、とかいう雑談は要らないと思うので早速本題へ。あ、このバトンの顔って、優子なのかな。そういえば、優子がリボンをつけるシーンがあったような…?

 

オススメポイント

  • 2019年本屋大賞受賞
  • 親と子の、深い愛情を感じられる心温まるストーリー
  • 親と子、どちらの立場からでも楽しめる小説

感想

まず、この本を読んで一番最初に思ったこと。それは、かなり読みやすい部類の小説であるということです。

 

失礼な話ですけど、こういう家族の愛みたいな話って、なんか重たくて読みづらそうなイメージがありました。例えば、国語のテストで出てくるような、一癖ある小説。しかし、この作品はそんな僕のイメージを一変させてくれました。

 

でも、改めてこの作品の何が良かったんだろうか。そう思ってペラペラとページめくりながら考えてみると、登場人物の会話が面白かったこと、主人公の優子の心理描写も丁寧で分かりやすかったこと、などが思いつきました。

 

この小説は大きく分けて、優子の高校での話、家での森宮さん(現在のお父さん)と優子の話、回想(過去の親との話)の3つのパートからなっています。そして、このどれもが劣ることなく、1つの素晴らしい作品になっています。

 

その中でも、僕は森宮さんと優子の会話パートが一番好きでした。森宮さんの少し変わった性格からくる発言がそれだけで愉快だし、優子もそんな森宮さんを無下にするのではなく、受け入れる所は受け入れているのが読んでて微笑ましく、嫌な気持ちになることは一切ありませんでした。

 

 

そして、この作品のテーマでもある親の愛情。これにも触れなくてはなりません。

 

家族構成が7回も変わった優子。当然不思議がられるもので、この物語もそんなシーンから始まります。しかし、優子には困ったことは一つとしてありません。なぜか。それは、今まで共に暮らしてきた全ての親から同じくらい大きな愛情を注がれていたからです。

 

思えば、この小説がこんなにも読みやすかったのは、この愛情がこの本の中に、この文字の中にまで染み込んでいたからなのではないか、という気がしてきました。

 

言ってしまえば、大きな盛り上がりのあるような小説ではありません。何か人生が一変するような出来事が起こったり、思いもよらない急展開があったりするわけではありません。

 

それでも、ほぼノンストップで読めてしまう上に、読後の幸福感がこの上なく素晴らしかったのは、僕自身が、この本を読んでいくうちに、優子に注がれていた愛情を少しずつでも受け取っていたのではないか。そんな風にすら思えてしまいました。

 

 

いかんせん、歴代の親たちから優子へと、とんでもない愛情が注がれていた訳なんですが、一つだけ気になったことがありました。

 

それは、親側の気持ちがそこまで理解出来なかったことです。さっきも言った通り、親からの愛情は、それこそ痛いくらいに分かりました。しかし、親側がどう考えていたのかはよく分かりませんでした。

 

特に印象的だったのはラストの場面。ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが、物語の最後に森宮さんがどんな気持ちでいたのか、これがよく分かりませんでした。というか、なぜそれで良いのかが分かりませんでした。

 

色んな人の感想を見て回っても、良かった、感動したとか、そんなことしか書いておらず、ピンとくる説明は得られませんでした。

 

そこで、自分であれこれと考えてみて、一つだけ分かったことがあります。それは、僕は親になったことがないということ。言い換えると、親になったことがないのだから親の気持ちが分からないこともあるということです。

 

僕も親からたっぷり愛情を注がれてきたんだな、ということは簡単に理解できる。しかし、逆に愛情を注ぐ側の親の気持ちはどうなのか。それは経験したことがないから分からない。

 

こう考えると少し納得できたし、親の立場にもなってみたいなという気持ちにもなりました。そして、ゆくゆくはバトンを…ね。

 

 

というわけで、『そして、バトンは渡された』の感想は以上になります。この本の魅力が十分に伝わったかどうかは分かりませんが、とても面白く読みやすい本なので、気になっている方は是非読んでみてください!

 

ではまた。