コパ・アメリカ 観戦の記録

日本代表の試合しか見ていないくせに、ブログに書くタイミングを逃し続けた男のコパ・アメリカの感想。

 

ぶっちゃけあまり覚えてないので、事実と異なる可能性アリ。

 

コパ・アメリカ開催前

日本は実質Bチーム、いやCチームと言ってもいいくらいのチームで、他の参加国からは批判の声も聞かれていた。しかし、そこは予め分かっていた上での参加だったので気にする必要なし。

 

選手単位では、A代表常連の選手達の活躍に全てがかかっていると言ってもいいレベル。特に、来季の所属クラブが不透明な選手には頑張ってほしい。(特に柴崎)

 

そういえば、カタール代表がほぼベストメンバーで参加してるというニュースを聞き、だから中島はカタールに移籍したのか…?とか思ったりした。実際のところ、どうなんだろうか??

 

グループステージ

・vsチリ

観客席がガラガラで、コパ・アメリカってこんなもんなの??とか思っていたら、上の席には大量の人がいた。どうやら、下の席は値段が高かったみたいだ。でも、それってどうなの??価格設定ミスでは済まされないレベルのガラガラっぷりだったけど。まあ、いいか。

 

試合内容の方は、前回王者のチリにボコボコにやられたなぁという感じ。やたら批判的な意見が見られたけど、日本のメンバーとチリのメンバー(と本気度)を考えたら、むしろ妥当な結果だと言えると思う。それよりも、思っていたよりもオリンピック世代の選手達が頑張っていたことの方が印象的だった。確かにチャンスで外しまくってたけど、でも、なんか嫌いになれない魅力があるよ、あの選手は。

 

・vsウルグアイ

南米の強豪ウルグアイとの試合は、まさか(?)のドロー。親善試合とかでも勝ったりしたこともあるし、イメージが良かったのかな?しかし、チリ戦のことを考えるとボロボロにやられるもんだと思っていたので、良い意味で裏切られた感じ。

 

良かった選手を挙げると、全員。となってしまうくらいには皆良かったかなと思いますね。でも、岡崎、柴崎あたりのA代表のベテラン達は別格でした。柴崎、早く、移籍、して!

 

・vsエクアドル

どちらも勝てば決勝トーナメントの一戦は、痛み分けに終わりました。ウルグアイ戦の結果もあったし、実際に試合自体もやれてない感じはしなかったので、日本としては勿体ない結果かなと思います。ブラジルとやりたかったなぁ。

 

うん、この試合、何があったかあんまり覚えてない。レアル久保のすごいトラップがあった気がする。川島のおっちょこちょいもあった気がする。まあ、こんなもんかな。

 

決勝トーナメントと総括

見るモチベーションが行方不明になり、ほぼ見てない、というかハイライトを軽く追っていたくらいなので、書くことはないですね。ブラジル優勝おめでとう!!以上。

 

あ、審判がどうこうみたいな話だけは気になりました。Jリーグもいつも酷いと言われてますが、それと比べてどんなものだったんだろうか。日本の試合を見ているだけでは、そんなに気にならなかった(はず)ので、どんな感じだったのかだけは気になります。

 

 

というわけで、この辺りで終わりにします。これが最後のタイミングだ!と思って眠い目を擦りながら書いてるので、怪しい部分があるかもしれませんが、ご愛嬌ということで。

 

ではまた。