8月の個人的な話

今年の夏も暑かった。

f:id:zuka_pk:20190831222322p:image

世間では色んなことが起こっていたような気もするけれど、厳しい現実に打ちのめされそうになりながら、毎日過ごしていました。

 

今月は特に変わった話もないので、最近触っていたソシャゲの話をします。

 

1.TEPPEN

カプコンとガンホーからリリースされたDCG(デジタルカードゲーム)、TEPPEN。

f:id:zuka_pk:20190831223837p:image

世間一般ではどうか分かりませんが、カードゲーム界隈ではかなり話題になりました。今月はこのゲームの話で持ちきりだった、と言ってもいいレベルだと思います。

 

このTEPPENというゲームの何が良かったのか。それは、もちろんカプコンの人気キャラが多く登場したというのもありますが、ゲーム自体が新鮮で面白かったからに他なりません。

 

カードゲーマー達を魅了したTEPPENの面白さ、それは、このゲームのリアルタイム性にあります。

f:id:zuka_pk:20190831224248p:image

基本システムは他のカードゲームとだいたい同じで、カードのコスト(左上の数字の値)を支払ってカードを上の盤面にプレイして相手と戦わせる。そして、相手の体力を先に削りきったら勝ち(このゲームだと30)。そんなに難しくありません。

 

しかし、このゲームには他のカードゲームにはない要素があります。それが、先に言ったリアルタイム性と、アクションカードの存在です。

 

通常のDCGの場合、自分のターンは自分のことしか出来ず、相手のターンは相手の行動を見守ることしか出来ません。しかし、このゲームはそうではなく、一度試合が始まると決着が着くまで休む暇がありません。つまり、どちらかのターンというのが存在せず、常に相手の行動を見ながら戦っていく必要がある、ということです。

 

そして、そのリアルタイム性に拍車をかけているのがアクションカードです。アクションカードは、いわゆる魔法カード的なもので、ゲーム中の好きなタイミングで使うことができます。

 

さらに、このアクションカードには重要なポイントがあります。それは相手のアクションカードにリアクションすることが出来る、ということです。

f:id:zuka_pk:20190831225229p:image

上の画像の青い枠の、ドローとか破壊とか書いてあるのがアクションカードの効果です。この場面だと、こっちが相手のモンスターを破壊したのに合わせて、相手が自分のモンスターを破壊する代わりに自分のライフを回復する、みたいなことをしています。…うーん、言葉で説明するのは難しい。

 

まあ、とにかく面白いカードゲームがありましたよ、ということです。来月に新カードパックも追加されるようなので、今後も期待ですね。

 

2.プリコネ

正式名称、プリンセスコネクト!Re:Dive。

f:id:zuka_pk:20190831231005p:image

ぱっと見でわかる通り、オタク向けのゲームです。何が良いのかと聞かれたら、とりあえずキャラが可愛いと言っておけばいいような気がする、そんなゲーム。

 

では、なぜこのゲームを始めたかというと、なんかガチャが引きたくなったから。最近は、この手のゲームをすっかりやらなくなっていたものの、無性にガチャがひきたくなってしまったのだ。仕方ない。

f:id:zuka_pk:20190831231439p:image

でも、別にキャラに魅力を感じていたわけでもなくて、ガチャを満足するまで引いたらやめるつもりだったんですよ。

 

しかし、残念ながら今も続けてしまっています。うーん、憎い。Cygamesが憎い。

 

一般的な人がCygamesにどんな印象を持っているのか分かりませんが、この会社、ユーザーの気持ちを掴むのが非常にうまい。うますぎる。

 

プリコネで言うと、キャラが可愛いのは当たり前として、なんか豪華なムービーが途中で入ったり、アニメ顔負けのエンディングが用意されていたり、ゲーム部分のUIが素晴らしすぎたりと、とにかく細かい部分で不満点が見当たらない。

 

そして、ばら撒くものをしっかりと、しっっっっかりと、ばら撒いてくれる。ここ最近だと、梅雨が明けました!とか言って10連分の石を配布していたのが、すごいというより、もうなんか面白かった。梅雨明け記念で石配布ってなんだよw

 

とにかく、Cygamesはすごい。このままだと、サイゲの回し者か?と疑われかねないものの、実際に他のゲームをやるとガッカリすることが多いし、これは分かってもらえると思う。自分の好きなゲームをサイゲに運営してほしいと言ってる人もいるくらいだしね。

 

とまあ、プリコネはこんな感じ。ひたすら褒めてたけど、実際のゲーム部分はソシャゲ特有の盆栽に水をやるようなゲームなので、合う合わないはもちろんあります。興味ある人だけ、どうぞ。

 

3.ポケマス

最近、というか一昨日リリースされたゲーム、ポケモンマスターズ。

f:id:zuka_pk:20190831233314p:image

ポケモン、というだけで話題になり、SNSを支配したこのゲーム、もちろん僕も遊んでいます。最初に回したガチャでフヨウが出たので、それはもうウッキウキですよ。

f:id:zuka_pk:20190831233512p:image

で、実際にやってみた感想としては、最初の方は適当でも簡単にクリアできて、まあこんなもんやろなぁ…と思ってたんですけど、進めていくうちに、噂では聞いていた周回ゲーの要素がその姿を現してきています。それでも、今のところは楽しくプレイ出来てます。

 

そんなポケマスの良いところと悪いところを紹介しましょう。

 

まず、良いところ。1つ、アレンジbgmが良い。2つ、3Dキャラが動く。3つ、スタミナがない。

 

ポケモンファンなら歓喜すること間違いないのが、アレンジbgm。これを聞けただけでもこのゲームをやった価値があると言っていいと思います。あと、スタミナがないのも良いですね。好きな時に、好きなだけ遊びましょう。

 

次に、悪いところ。ガチャを回すのに必要な石の配布が圧倒的に少なく、リセマラも不便。

 

これは、先のプリコネと比べると分かりやすくて、気が狂ったかのような配布があるゲームと比較するのが酷な話かもしれないけど、それでも蜜の味を知っているのだから仕方ない。

 

リセマラで4回しかガチャできないのは、はっきり言って残念。ストーリークリアで手に入る石も、お世辞で悪くないと言うことすら出来ないレベルの少なさ。今はこれで良いかもしれないけれど、このままだと間違いなく一瞬でユーザーはいなくなると思う。

 

ゲーム性は思ってたよりは悪くなさそうだし、ポケモン自体も好きなので、運営にはなんとか頑張ってほしい。

 

 

以上で、ソシャゲトークはおしまいです。

 

なんやコイツ、遊んでばっかりやないか!と思われるかもしれませんが、僕自身も今なんだかそんな感じがしています。そんなことなかったんやけどね…

 

最近、心なしか涼しくなってきた気がするので、来月は少し頑張れる気がしています。

 

ではまた。